義歯・ブリッジ治療のご案内

義歯・入れ歯とは

義歯は歯がないところに人工の歯を補う治療です。義歯は歯肉の上に乗っかっており、鉤というバネを周囲の歯に引っ掛けて固定しています。


義歯床

歯肉の上に乗っかる部分で、歯肉と同じピンク色のプラスチックで出来ています。

人工歯

義歯の咬む部分は歯の形をしており、プラスチックやセラミックで出来ています。

義歯が落ちないように残存している歯に引っ掛けるバネです。弾性があり折れにくい材質でなければならないので、金属が使われます。

義歯・入れ歯の種類

残存している歯による種類

局部義歯(部分入れ歯)

残存している歯が存在しており、鉤などで残存歯に固定することができます。

総義歯(総入れ歯)

歯がなくなり、すべての歯を義歯で補うものを総義歯といいます。鉤をかける歯がないため、義歯床を歯肉にくっつけて吸着させて安定をはかります。
 

義歯の材質による種類

レジン床義歯



レジンというプラスチックで構成された義歯です。健康保険で作製できるのがレジン床義歯です。
利点

  • 健康保険適応のため安価で作製できる。

欠点

  • レジンは強度が不十分なため割れやすい、壊れやすい。
  • 厚みがあり、装着感が悪い。
  • 食べ物の熱が義歯の下の歯肉に伝わりにくく、味を感じにくい。

 

金属床義歯



外から見えない部分の義歯床を金属で構成させることによって、強度を高めた義歯です。
利点

  • 強度が高く義歯床を薄くできるため、装着感がいい。
  • 壊れにくい。
  • 金属は食べ物の熱を義歯の下の歯肉に伝えるので、食事がおいしく感じられる。
  • 金属は作製の際に変形しにくいため、適合が良い。

欠点

  • 健康保険適応外のため高価。

 

ノンクラスプ義歯



義歯床を弾性のある材料で作ることにより、金属の鉤のない義歯を作ることができます。
利点

  • 金属の鉤がなく、見た目がよい。
  • 欠点
  • 欠損歯の数が多いと適応できない。
  • 金属の鉤と比較して強度が劣る。
  • 健康保険適応外のため高価。

 

ブリッジによる治療

欠損部の両隣りの歯を削って連結した歯を装着して補う治療法です。


治療の流れ

  • 周囲の歯の検査
  • 必要によってむし歯・歯周病治療
  • 支台となる歯の切削
  • 型取り・噛み合わせの記録
  • ブリッジ作製
  • 調整、装着

ブリッジの種類

メタルブリッジ



健康保険適応のため安価で作製できます。歯の全周を金属で覆うため見た目が悪くなります。

セラミックブリッジ



健康保険適応外のため高価です。色・材質が歯に近いため、見た目がきれいです。

 

診療時間                          

9:30~13:00/14:30~18:30


木曜日:9:30~13:00/14:30~17:00
土曜日:9:30~13:00
日曜祝祭日:休診            


         

 医院所在地
東京都世田谷区松原6-3-10
寺島ビル1階


梅ヶ丘駅から徒歩1分
予約お問い合わせ
03-3327-7380


前田歯科医院