小児歯科治療のご案内

乳幼児期(0~6歳)の歯

この時期の目標は、健康な乳歯を維持し、永久歯を迎えることです。そのためには、正しい食習慣の確立、ホームケア、歯科医によるプロフェッショナルケアが大切です。また、乳幼児のむし歯菌の数は母親の口腔内細菌数と比例関係にあることがわかっており、母親の口腔内の健康が子供のう蝕リスクを小さくします。この時期にしっかり管理すれば、生涯にわたってう蝕になりにくい口腔内を作ることができる大事な時期なので、歯磨きの仕方など予防に関して、わからないことがございましたらご相談ください。
乳幼児期は乳歯が生えてくる前の時期、乳歯が生え始める時期、乳歯の生え揃った時期があります。

乳歯が生えてくる前の時期

この時期は歯磨きに慣れさせるように、ガーゼなどを指に巻いて口の中をぬぐうようにしましょう。

乳歯が生え始める時期

歯ブラシで歯みがきできるように、保護者が歯ブラシでやさしく少しずつ仕上げ磨きをしましょう。

乳歯の生え揃った時期

保護者による仕上げ磨きがしっかりと習慣付いていることが重要です。歯ブラシだけではなく、デンタルフロス(糸ようじ)も使用しましょう。

小児期(7~12歳)の歯

この時期は、保護者中心に行ってきた口腔内の予防、管理を、自我の芽生えとともに患者主体に変えていかなければならない時期です。

第一大臼歯(6歳臼歯)のむし歯予防

永久歯の中で一番早く生えてくることが多いのは、第一大臼歯です。第一大臼歯は乳歯の後ろに生えてきます。臼歯は食べ物をよく擦りつぶせるようにでこぼこしており、溝がとても深く、むし歯の原因となるプラークが停滞しやすい形になっています。また、生え始めの歯は石灰化が幼弱なため、ブラッシングが悪いとすぐにむし歯になってしまいます。第一大臼歯は噛み合わせにとても重要な歯であるため、若いうちにむし歯になってしまうと生涯苦労することになります。

第一大臼歯をむし歯から守るためには、

  • ブラッシングをしっかりと行い、むし歯菌を少なくする。
  • フッ素を塗布し、歯を強化する。

 
ことが大切です。しっかりとむし歯予防を行い、歯の石灰化が成熟し歯の質がよくなると、むし歯になりにくいしっかりとした歯になります。

永久歯の生え変わり

この時期は乳歯が抜けて永久歯が生えてきます。この時期の問題は、
ぐらついた乳歯はプラークが付着しやすく、周囲の歯のむし歯や歯肉炎の原因となる。
永久歯の生えてくる時期が適正でないと歯並びの不正の原因となる。
ことに注意する必要があります。いつまでも抜けない乳歯は抜歯したほうが良い場合があります。

少年少女期(13~18歳)の歯

中学、高校生になると、親の管理下を離れ、飲食の回数が増加するため、むし歯の危険が非常に増加する時期です。小児のむし歯は進行が速いため、小さいむし歯もあっという間に神経まで到達してしまいます。部活や受験などで忙しい時期ではありますが、定期的に歯の検診を受けましょう。またこの時期に気をつけなければならないのは、侵襲性歯周炎です。健全な永久歯を育成していくうえできわめて重要な時期なので、きめ細かい口腔ケアが必要です。

侵襲性歯周炎

通常の歯周病に比べ急速に病態が進行する歯周炎です。家族内発現が起こることがあると言われており、ご両親が重度の歯周病に罹患している場合、その子供は注意が必要です。この歯周病の特徴的なところは、

  • プラーク付着が少ない(ブラッシングが良好)人でも罹患する。
  • 10~30歳代の若年者で発症することが多い。
  • 急速に歯槽骨の破壊が進行する。

ことが挙げられます。この歯周病は特殊なため、通常の歯周病とは違った治療が必要となります。詳しくはこちら

子供のむし歯治療の目標はなるべく神経を守ること

むし歯でもなるべく歯を削る量は少なめに

ひと昔前のむし歯の治療は確実にむし歯を除去して、なおかつ詰め物が外れないように、しっかりと歯を削って大きな詰め物を入れるのが正しい治療法でした。しかし、最近では接着剤や治療法の進化により、必要最小限の切削で治療が可能になってきました。

子供の歯は神経が大きい

子供の歯は、大人の歯に比べて歯の大きさに対する神経の大きさの比率が大きいため、むし歯の治療でむし歯を削っていくと神経が出てきてしまう恐れがあります。

子供の歯の神経は再生能力が高い

大人の歯の神経は、むし歯が神経付近まで到達すると、神経が炎症を起こして、後に神経が死んでしまうことが多いです。一方で、子供の歯の神経はとても元気で活性が高く、神経近くまでむし歯が進行しても、神経が死なずに再生することがあります。

子供のうちに歯の神経を失ってしまうと

乳歯は生え変わりますが、永久歯は一生使っていかなければならない歯です。10代のうちに神経を失ってしまうと、80代までその歯を持たせていくのはとても困難な道のりです。神経の失った歯は、血液が通ってないため脆く、欠けたり折れたりするリスクが高くなります。また、神経がないため、むし歯になっても痛みを感じることができずに、悪化してしまう恐れがあります。そのため、神経を失った歯は神経がある歯に比べて歯の寿命が短くなってしまいます。

歯の神経を守るには

歯の神経はむし歯菌が侵入すると炎症を起こしてしまいます。神経に侵入してないむし歯でもむし歯を除去すると神経が露出してしまう場合は、神経が外的な刺激にさらされてしまいます。むし歯が深く神経に近づいている場合は、むし歯を必要最小限の除去にとどめ、神経に近い部分のむし歯は薬剤で時間をかけて殺菌することによって、神経を守ることができます。

歯の神経を取る必要がある場合

神経に強い炎症が生じてしまった場合は痛みも強いため、神経を残すことが苦痛となり、神経が回復する可能性も低いため、神経を除去する必要があります。

深いむし歯は時間をかけてじっくり治す

むし歯の治療はなるべくなら1回で終わらせたいというのが、患者さんの希望だと思います。しかし、深いむし歯を1回で全て除去する場合、どうしても削る量が多くなってしまい、神経が露出したり炎症が起きてしまう可能性が高くなります。神経に近いむし歯は薬剤を併用しながら少しずつ削り、神経に刺激を与えないように慎重に治療する必要があります。

 

診療時間                          

9:30~13:00/14:30~18:30


木曜日:9:30~13:00/14:30~17:00
土曜日:9:30~13:00
日曜祝祭日:休診            


         

 医院所在地
東京都世田谷区松原6-3-10
寺島ビル1階


梅ヶ丘駅から徒歩1分
予約お問い合わせ
03-3327-7380


前田歯科医院