むし歯治療のご案内

歯の中はどうなってる?

歯は、外側にエナメル質という非常に硬い組織で覆われ、その内側に象牙質と呼ばれるやや硬い組織が存在し、その内側に神経や血管を含んだ歯髄があります。

歯の構造

エナメル質

歯の表面を覆っている部分で非常に硬い組織です。エナメル質には神経が少なく、エナメル質表面の初期のむし歯は痛みがありません。

象牙質

エナメル質よりは軟らかいですが、硬い組織です。歯髄から象牙細管という細い管が象牙質に走っており、象牙質まで進行したむし歯は痛みが生じることがあります。

歯髄

歯の中心部の神経や血管が存在する部分です。むし歯が歯髄まで進行すると激痛を伴うことがあります。

痛みが出てからでは手遅れ、むし歯の進行

初期むし歯

初期のむし歯


初期の虫歯は、エナメル質のみに進行したもので、この時点では痛みはほとんどありません。この時点で発見できれば、簡単な治療で痛みもなく治ります。

象牙質まで進行したむし歯

中等度のむし歯


虫歯が象牙質にまで進行すると、冷たい物がしみたり、噛むと痛かったりと症状が出てきます。治療はむし歯の部分を除去し、詰め物を詰めます。むし歯が深く歯髄の近くにまで進行している場合、歯髄を取らなければならない場合もあります。

歯髄まで進行したむし歯

進行したむし歯


虫歯が歯髄にまで進行してしまうと、じっとしていても耐えられない激痛が生じます。ここまで進行してしまうと、歯髄を取り除かなければ痛みは消えません。歯髄をきれいに除去し、除去した部分に細菌が繁殖しないよう緊密に薬で封鎖します。

むし歯の治療

初期むし歯

初期の虫歯のうちに発見できれば、簡単な修復治療で治すことができます。歯を削る量も少なくて済むため、痛みなく治療でき短期間で終わります。極めて初期のむし歯の場合は削らずに再石灰化を期待してフッ素やクリーニングで治療します。

象牙質まで進行したむし歯

むし歯で侵された部分を除去して、詰め物を詰めます。象牙質は歯の神経(歯髄)の枝が入り込んでおり、削る際に痛みを感じることがあるため、必要によって麻酔を行って治療します。むし歯が比較的小さい場合は、歯の色に近いレジンで修復可能ですが、大きい場合は金属やセラミックの詰め物を作製して装着します。歯髄の近くまで進んでしまったむし歯は、歯髄のすぐ直上に詰め物が入るため、痛みが出たり歯髄が壊死してしまう場合があります。治療完了後も定期的な検査が必要です。

インレー

歯髄まで進行したむし歯

歯髄にむし歯の菌が入り込むと神経は炎症を起こし、強い痛みを伴います。ここまで進行すると、歯の中の歯髄を除去する必要があります。歯髄は一度菌に汚染されると、最終的に壊死してしまいます。強い痛みを我慢して痛みが落ち着き、そのまま治ったと思って放置してしまうと、歯髄が腐って歯の周囲の骨まで悪くなってしまいます。
根管治療

 

歯髄をきれいに除去して、炎症が治まったら、詰め物をしますが、歯髄がない歯は血が通っていないため、もろくかけやすくなります。そのため、歯が壊れないように歯の内部に補強を行い、もろい歯を守るように被せ物で覆って修復します。
クラウン修復

 

診療時間                          

9:30~13:00/14:30~18:30


木曜日:9:30~13:00/14:30~17:00
土曜日:9:30~13:00
日曜祝祭日:休診            


         

 医院所在地
東京都世田谷区松原6-3-10
寺島ビル1階


梅ヶ丘駅から徒歩1分
予約お問い合わせ
03-3327-7380


前田歯科医院