予防歯科のご案内

予防歯科の必要性

歯が痛くなったら歯医者に行くという人が多いと思いますが、それでは手遅れな場合もあります。初期の虫歯や歯周病は痛みがなく、自分では気付きません。虫歯や歯周病は初期の段階で発見できれば、歯を削ったりするような痛い治療をしなくても治すことができます。
痛みなどの症状がなくても病気が進行している可能性があります。定期的にお口のメインテナンスを行う習慣をつけましょう。

むし歯の予防

初期の虫歯は、歯の表面の浅い部分に留まっており、神経から遠い部分なので痛みはありません。この段階で発見できれば、歯を削らずに、専用の機械で洗浄し、必要によってフッ素などの歯を強化する薬を塗ることによって、虫歯で溶けた部分は再石灰化して元に戻ります。虫歯は進行すると、神経を取らなければならなかったり、最悪、抜歯しなければならなくなることもあります。早期発見で虫歯の進行防止を心がけましょう。


詰め物の下の虫歯。
違和感に気付いて初めて受診。神経の近くまで進行している虫歯のため、大きく歯を削らなければなりません。

歯周病の予防

歯周病は歯に付着するプラークが原因のため、プラークや歯石が付着しないように清掃する必要があります。歯周病の予防は、患者さんご自身の毎日のブラッシングによる予防が主体です。ブラッシング方法が間違っていると、プラークが付着したままになるので、歯周病が進行してしまいます。また、ブラッシングが上手な方でも、数ヶ月経つとプラークや歯石が付着してきます。最低でも半年に1度は歯科医院での歯のクリーニングを行い、歯周病の予防に努めましょう。
 
表から見てもプラークや歯石の付着はあまり見られませんが、



歯の裏側には歯石が付着し歯肉が腫れています。

インプラントのメインテナンス

インプラントは自分の歯に比べ、食べ物が溜まりやすく、磨き残しが多くなります。インプラント周囲にプラークが長期間付着すると、炎症を起こしてしまいます。炎症を繰り返すことによってインプラント周囲の骨が溶けてしまい、インプラントの脱落の原因となります。インプラント周囲の炎症が起きないように、定期的にクリーニングを行う必要があります。また、インプラントのネジの緩みや噛み合わせの不正の早期発見のためにも、最低でも半年に1度は検査を行うことをお薦めします。

義歯のメインテナンス

義歯は長い期間使用していると、義歯の針金がゆるくなったり、歯茎がやせて義歯の適合が悪くなることによって、義歯ががたついてきたり、入れている部分が痛くなったりしてきます。義歯の適合が悪い状態でそのまま使っていると、入れ歯を支えている歯に負担がかかってしまいます。また、義歯が割れてしまって、作り直さなければならなくなることもあります。そのようにならないために、定期的に受診して義歯の適合チェックを行う必要があります。

 

診療時間                          

9:30~13:00/14:30~18:30


木曜日:9:30~13:00/14:30~17:00
土曜日:9:30~13:00
日曜祝祭日:休診            


         

 医院所在地
東京都世田谷区松原6-3-10
寺島ビル1階


梅ヶ丘駅から徒歩1分
予約お問い合わせ
03-3327-7380


前田歯科医院