歯周病治療のご案内

歯周病とは

歯の周りの歯周組織の病気です。歯周病や歯槽膿漏(しそうのうろう)または歯周炎と呼びます。
歯の周りに細菌(歯周病菌)が付着すると、歯肉が炎症を起こします(歯肉炎)。それが進行すると歯を支えている骨まで溶けていき、最終的に歯がぐらついて抜けてしまいます。
歯周病は、ある程度進行するまでは症状が少なく、一度進行してしまうと元通り完治することはありません。放っておいて自然治癒することもありません。歯周病菌は骨を溶かして体の中に入っていくと血管の中に侵入し、動脈硬化の一因となったり、歯周病を放置することによって糖尿病を悪化させるという臨床データもあります。歯周病はお口の中だけでなく、全身にも影響を及ぼす怖い病気です。
歯周病は早期発見・早期治療が重要で、進行しないように予防することが大切です。痛みが出るまで放置せず、定期的に歯科医院で健診を受けましょう。

歯の周りはどのようになっている?

歯周組織

歯の周りの組織を歯周組織といいます。
歯肉・歯槽骨・歯根膜で構成されています。

歯肉

歯を覆う歯肉(歯ぐき)は、細菌などの外からの刺激からのバリアーとなるものです。
健康な歯肉は、きれいなピンク色で引き締まっています。歯肉に炎症が出来ると赤くなり、腫れてぶよぶよした歯肉になります。喫煙によって歯肉の血流が悪くなると歯肉は紫色になります。
 

歯槽骨

歯の周囲にあり、歯の支えとなっている骨を歯槽骨といいます。歯槽骨がなくなってしまうと歯はぐらついてきます。骨は一度溶けて後退してしまうと、もう一度再生(元通りになる)するのがとても難しく、このことが歯周病治療の難しさの一因となっています。
 

歯根膜

歯の根と歯槽骨の間にある隙間にある膜を歯根膜といいます。歯は直接骨とくっついているのではなく、間に歯根膜が介在しています。そのため、歯は健康でも少し動きます。歯根膜は細かい線維で歯と骨を強固につなげています。そのため歯は引っ張っても簡単には抜けません。

歯肉の炎症 歯肉炎

 
歯肉炎

歯垢(プラーク)が付着して放置しておくと、歯肉が炎症を起こします。この歯肉の炎症を歯肉炎と呼び、歯肉の炎症が進行すると、歯槽骨にまで炎症が波及してしまいます、これを歯周炎と呼びます。歯肉炎は症状が強くないため、そのまま放置してしまいがちです。歯周炎に進行しないよう に早期に治療しましょう。
 

歯肉炎の症状

歯肉が赤くなる、腫れる、歯みがきの際に出血する、痛みはそれほど強くない。
 

歯肉炎の治療

歯肉炎は初期の歯周病です。進行しないように早いうちに治す必要があります。軽度のものでは原因の細菌を取り除けば治っていきます。歯垢はブラッシングで除去できますが、歯石がこびりついているとブラッシングでは除去できないので、歯科医院でクリーニングをする必要があります。
 

歯周病の進行を表す歯周ポケット

歯周ポケット


歯と歯肉の間にある溝を歯肉溝といい、健康な歯肉溝の深さは2mm程度です。歯周病が進行するとこの溝が深くなり、4mm以上になると歯周病と診断されます。この深さが深いほど進行した歯周病ということになります。
歯周病菌は空気がない所を好むため、この歯周ポケットに住み着いて歯周組織を攻撃します。歯周病菌は歯周ポケットの中でバイオフィルムという集合体を作って居座っています。バイオフィルムは固い塊になって歯周病菌をカバーしているので、抗菌剤や消毒薬を作用させても効果は低く、歯周ポケットの中は液体で満たされていて、液体の入れ替わりが激しく、薬を歯周ポケットの中に入れてもすぐに流れ出てしまいます。歯周病菌を取り除くには、バイオフィルムを機械的に除去する必要があります。歯ブラシでは4mm以上の深いポケットの中にまでは届かないため、歯科医院で専用の機械で歯周病菌を除去します。
 

歯周病の原因

歯周病菌(歯周病原細菌)

歯みがきをしないと、多数の細菌がプラークという形で歯に付着します。プラークの中の歯周病に関与する細菌を歯周病原細菌とよびます。歯周病菌は増殖するとバイオフィルムという集合体を作り、歯周組織を攻撃し、歯周ポケットを作ります。歯周ポケットが深くなると歯周病菌が増殖して炎症が強くなっていきます。

歯周病の進行に関与するリスクファクター

喫煙

タバコを吸うと歯肉の血管が収縮し血流が悪くなります。そのため歯周病菌に対する免疫が働きにくく、歯周病が進行しやすくなります。歯肉炎や初期の歯周病の兆候である歯肉出血が生じにくく、歯周病の進行に気付きにくくなります。喫煙者は非喫煙者に比べ2~8倍歯周病に罹りやすいと報告されています。

糖尿病

糖尿病になると、血管がもろくなり、歯周組織の血行不良が起きます。そのため、歯周病が進行しやすくなります。また、歯周病治療に対する反応も悪く、治療結果が思わしくありません。

噛み合わせ

噛み合わせが悪く上下の歯が噛み合うところが少なく、一部分に集中的に噛み合わせが加わる場合、その歯が歯周病に罹患している場合、急速に歯周組織の破壊が進みます。
歯ぎしりも歯周病を悪化させます。

歯並びの不正

歯並びが重なっていたり、隙間があるとプラークの取り残しが多くなり、歯周病が悪化しやすくなります。

口呼吸

鼻が悪かったり噛み合わせが悪かったりして、口で呼吸する人は、口の中が乾燥してしまいます。唾液は抗菌作用や傷口を治す作用など様々な働きがあり、口の中が乾き唾液が減ると歯周病が進行しやすくなります。

歯周病の進行

歯周病はあまり痛みを感じずに進行していきます。痛みが出て気づいたときには重症の場合もあります。

 
初期の歯周病

初期の歯周病


初期の歯周病歯肉炎の状態を放置しておくと、歯槽骨まで炎症が波及し、骨が溶けていきます。歯周ポケットの深さは4~5mmになります。歯肉が腫れたり、ブラッシングの際に歯肉から出血することがありますが、痛みがあまりなく、症状に気付かない事が多いです。

中等度進行した歯周病

中等度の歯周病

中等度歯周病歯槽骨の吸収が進み、歯周ポケットは5~7mmとなります。歯肉の腫れ、歯肉からの出血が起こる頻度が増えてきます。歯のぐらつきが出て、噛むときに違和感を感じることもあります。

重度歯周病

重度の歯周病

重度の歯周炎歯槽骨の吸収が進み、歯の周りの骨がほとんどなくなり、歯周ポケットは8mm以上になります。ここまで進行すると、歯肉から自然に出血し,膿が出ることもあります。歯のぐらつきがひどく、噛むと痛みが出てきます

歯周病の治療

歯周病の治療の目標は歯周病菌を減らすことです。歯石の除去や深い歯周ポケットを改善して、患者さん自身のブラッシングで歯周病菌をコントロールできるように治療していきます。

ブラッシング指導

ブラッシング

歯周病治療の成功に一番大切なのは、プラークコントロールです。歯周病菌はゼロになることはないので、歯みがきをしないと増えていきます。毎日の歯みがきが悪いと、いくら歯周病治療をしても全く効果がありません。歯ブラシ、フロス、歯間ブラシを使って歯みがきをしますが、口の中は狭く、見えない所が多いので、磨いているつもりが磨き残しが出やすくなります。磨き残しが多い方にはブラッシング指導を行います。

むし歯の治療

むし歯の治療

むし歯によって、歯に汚れがつまりやすいと、歯周病が悪化しますので、早期にそのようなむし歯は治しておきます。

噛み合わせの治療

噛み合わせによって歯周病が悪化していると疑われる場合、噛み合わせを調整して、病的な歯への負担をやわらげます。

歯石の除去

歯石の除去

プラークは長時間放置すると、唾液の成分によって固められ、歯石という硬い塊になって歯に強固にくっついてしまいます。歯石は表面がざらついていて、歯周病菌の住み家として最適です。歯石があるとブラッシングで歯周病菌を取り除くのが難しくなります。歯石は硬くブラッシングで取ることはできません。専用の機械で除去していきます。軽度の歯周病では痛みもなく取ることができますが、進行した歯周病では歯周ポケットの深くまで入ってしまった歯石は麻酔して除去します。

歯周外科治療

歯周病が進行すると歯周ポケットの深くまで歯石が存在し、また炎症によって悪くなった歯肉の塊があり、取り除くのが難しくなります。これらを除去するために歯肉を切って、歯周ポケットの中を見えるようにして徹底的にきれいにします。

歯周再生治療

歯周病が進行し破壊された歯周組織が元通りになることはありません。歯周外科治療によって歯周病の病状が安定しても、失われた歯周組織が再生することは非常に困難です。ただ、歯周組織の破壊の程度によっては、歯周外科治療の際に再生治療を応用することによって、歯周組織の再生を期待することができます。

エムドゲイン

エムドゲイン

ブタの歯胚から抽出したタンパク質を、破壊された歯周組織に応用し、再生を促します。

骨移植

骨移植

破壊された歯槽骨の部分に周囲の骨や人工骨を補填し、歯槽骨の再生を促します。

定期的なメインテナンス

歯のメインテナンス

歯周病の病状が安定したら一段落です。しかし、ブラッシングを怠ると歯周病菌が増えていき、歯周病は再発してしまいます。安定した病状を継続できるように、病状の程度によって1~6ヶ月毎に定期的に検査、クリーニングを行う必要があります

若い人でも要注意、侵襲性歯周炎

侵襲性歯周炎と普通の歯周病の違いは?

一般的に言われている歯周病は慢性歯周炎というものです。慢性歯周炎は発症する年齢が35歳以降が多く、病気の進行が比較的遅いのが特徴です。
一方、侵襲性歯周炎は、10~30歳代で発症することが多く、病気の進行が急速であり、とても注意が必要な歯周病です。

侵襲性歯周炎の特徴

  • 10~30 歳代で発症することが多い。
  • 一般的にブラッシング状態が良好なことが多い。(歯磨きが行き届いていても発症する)
  • 全身的には健康。
  • 家族内発症を起こすことがある。(家族内で歯周病が感染する)
  • 歯周組織の破壊が急速である。


若い人の歯周病

ブラッシング状態は良好であり、一見、歯周病には見えないが・・・

 
侵襲性歯周炎

歯の周りの歯槽骨の破壊が著しい。

侵襲性歯周炎の治療

侵襲性歯周炎は、進行がとても早く治療もとても難しく治りにくい歯周病です。特殊な歯周病菌が検出されることが多く、通常の歯周病治療に加えて専門的な治療が必要となります。
早期発見・早期治療が重要です。若い方でも定期的に歯周病の検査を受けましょう。

歯周病専門医とは


歯周病専門医

歯周病の診断、治療はとても難しい

歯周病は初期のものでは症状がなく、一度進行すると治すのが難しい、とても複雑な病気です。歯周病治療にあたる歯科医師は多くの知識・経験が必要です。特定非営利活動法人日本歯周病学会は歯周治療における専門的知識と技術を有する歯科医師を育成する目的で専門医制度を設けています。

厚生労働省が認可した資格

歯科医療の中には様々な資格、認定制度があります。その中で厚生労働省が歯科医師の専門性に関し、告示で定める基準を満たすものとして、現在、資格名の広告を認めている資格名は、口腔外科専門医、歯周病専門医、歯科麻酔専門医、小児歯科専門医、歯科放射線専門医の5つです。これらの資格については医療法で厳しい基準が設けられております。

日本歯周病学会認定制度
歯周病認定医

3年間研修施設で研修して、基本的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で認定医試験に合格した日本歯周病学会員。

歯周病専門医

認定医取得後2年間研修施設で研修して、専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で専門医試験に合格した日本歯周病学会員。
専門医には資格取得のための試験、更新制度があります
歯周病専門医の取得には、まず3年以上歯周病学会に加入し、学会の認めた研修施設で3年以上臨床経験を積み、認定医試験に合格すると、歯周病認定医の資格を取得できます。その後、

  • 歯周病認定医に合格後2年以上本学会会員であること
  • 学会の認めた研修施設で歯周病認定医に合格後2年以上歯周病学に関する研修と臨床経験を有すること
  • 歯周病専門医申請時に定められた教育研修単位を取得していること(学会発表、論文発表を行っていること)
  • 非喫煙者であること

以上の条件を満たした者で、専門医試験に合格した者が歯周病専門医の資格を取得できます。
なお、歯周病専門医は資格取得後も5年ごとに更新審査があります。

歯周病専門医は全国で1000人程度

現在、全国の歯科医師数は約10万人です。そのうち歯周病専門医は1000人程度で、全歯科医師のうちの1%です。
前田歯科医院では日本歯周病学会認定歯周病専門医、及び、日本臨床歯周病学会認定医が在籍しており、専門的な歯周病治療が可能です。

 

診療時間                          

9:30~13:00/14:30~18:30


木曜日:9:30~13:00/14:30~17:00
土曜日:9:30~13:00
日曜祝祭日:休診            


         

 医院所在地
東京都世田谷区松原6-3-10
寺島ビル1階


梅ヶ丘駅から徒歩1分
予約お問い合わせ
03-3327-7380


前田歯科医院